クリニックについて

ホーム  >  クリニックについて  >  ごあいさつ

ごあいさつ

全人的医療の実践

所長 繁田 実
府中のぞみクリニック
府中リプロダクション医療研究所
所長 繁田 実

府中のぞみクリニックは、「愛の医療と福祉の実現」という理念のもとに、不妊症や不育症の診療を行う専門クリニックです。

一般の不妊・不育診療に加え、体外受精-胚移植、顕微授精、卵子・精子・受精卵の凍結保存などの生殖補助医療や、腹腔鏡・子宮鏡・卵管鏡などを用いた手術や男性不妊症への精巣精子採取法、不妊カウンセリングや遺伝相談も行っています。

また、同一法人内の関連施設である府中病院との緊密な連携のもとに、同病院において入院・手術・妊娠健診や時間外診療などにも対応しています。
理念を重んじ、治療と向きあう患者さまを取り巻く様々な要因や環境のすべてを考慮した医療を大切にしています。今後も普遍性のある安全な医療を将来にわたり継続的に提供できるよう努めていきたいと考えております。


施設の概要・ポリシー

私たちの基本理念は「全人的医療」です

「診療」

府中のぞみクリニックでは、不妊症・不育症の診療を行います。
私たちは専門知識をもって、その病気を原因から治療します。

「研究」

不妊症・不育症には原因のわからないものがたくさんあります。
私たちはその病態・原因を解明するために研究所を作ることを決意しました。

「愛」

私たちは不妊症・不育症で悩むみなさまに対して、治療だけでなく、 取り巻く様々な要因すべてを考慮した全人的医療を行うことを基本理念としています。


府中のぞみクリニックについて

府中病院不妊センターは1993年4月に開設以来、生長会府中病院の中で産婦人科とは独立し、不妊治療を続けてきました。

開設当初より、体外受精、顕微授精にも力を入れ、脊髄損傷男性に対しては電気刺激によって得られた精子を用いた顕微授精、無精子症の男性に対しては精巣精子を用いた顕微授精なども導入し良好な成績をあげてきました。
最近では、体外受精における多胎予防のため単一胚盤胞移植をいち早く導入し、移植胚数の制限を積極的に行いながらも良好な妊娠率が得られています

2003年度より府中病院不妊センターは、より患者様に満足の行く不妊治療を目指し、医療法人生長会府中のぞみクリニックとして独立しました。

府中病院との連携は今まで通り密なものとし、男性因子の患者様に対しての泌尿器科診察や合併症を抱えた患者様に対しては不妊治療をするにあたって、妊娠することを前提として、他科の専門的な診断を受けていただくことも可能です。
また、緊急時の入院治療等は府中病院と連携をとっているため安全性も今までと変わりません。不妊に関する手術、不妊治療に関係した入院に関してはのぞみクリニック医師が主治医となり府中病院で行います。

不妊治療は体外受精、顕微授精とめざましく進歩している分野もある反面、ほとんど解明されていない未知の分野もまだまだ多く存在します。そこで、私たちは、今後より高度な不妊治療を行う上で不妊治療の基礎的な研究も重要な分野であると考え、府中リプロダクション医療研究所を併設しています。
今までにその成果を国内外を問わず多くの学会等で報告しています

妊娠すると言うことはその女性にとって(また、パートナーにとって)、大変な大きな喜びを与えてくれるかもしれませんが、妊娠による色々なリスクも背負うことになります。
私たちはまず何よりも、その女性の安全を第一優先に考え、不妊治療を考えたいと思っています。
子供を作ると言うことはそのカップルにとっての人生設計にもかかわってきますし、カップルを取り巻く多くの環境がかかわってくるのも事実です。
ですから、取り巻く要因すべてを考えた全人的医療が私たちの基本的理念になっているのです。

府中のぞみクリニック

 パンフレットのダウンロードはこちらから